月間データ量制限なしだから高速ダウンロード!

ポケットWiFiは制限がかかったら恐ろしいほど低速になるので、画像も動画も全然読み込まなくなります。世の中にある多くのポケットWiFiはそんな酷い制限があります。

 

しかしWiMAXだけは月間データ量の制限なしです。最大220Mbpsという超高速回線でダウンロードもアップロードもできます。3日で3GBという細かい制限はあるものの、そんなに使うことはほぼありえません。だから日常的にポケットWiFiを使うならWiMAXが断然おすすめなのです。

 

おすすめのポケットWiFiランキング!

ワイモバイルにもソフトバンクにもYahoo WiFiも制限ありです。だから私がおすすめするのは月間データ量制限なしのWiMAXだけです。そこでWiMAXの料金やキャンペーンを比較して、ランキングを作成してみました。

 

GMOとくとくBB WiMAX
  • 月額料金 : 3609円
    初期費用 : 0円
    端末 : 0円
    キャンペーン : 33000円キャッシュバック
    *キャンペーンは今月末で終了です!!

     


 

BIGLOBE WiMAX2+
  • 月額料金 : 3695円
    初期費用 : 3000円
    端末 : 0円
    キャンペーン : 20000円キャッシュバック

     


 

UQ WiMAX
  • 月額料金 : 3696円
    初期費用 : 3000円
    端末 : 1円〜6800円
    キャンペーン : 商品券3000円分

     


 

 

「ワイモバイル」(イーモバイル)の制限

ポケットWiFiといえばWiMAXとワイモバイル(イーモバイル)が人気です。それなのにワイモバイルのほうが厳しい制限ありなんてのも不思議な話ですよね。では実際にワイモバイルはどんな通信規制を行っているのでしょうか。

 

ワイモバイルには3種類の規制があります。

 

  • ワイモバイル4G:3日間で1GB以上
  • ワイモバイルLTE:24時間で366MB以上、1ヶ月で10GB以上
  • 3Gサービス:24時間で366MB以上

 

最近のワイモバイルは4GとLTEが主流なので3Gの制限は気にする必要はありません。注目すべきは「3日間で1GB」と「1ヶ月で10GB」の2つです。規制対象になる人は大体この2つに引っかかります。

 

ワイモバイルに接続しているだけでも常に通信しているので、使っていないつもりでも意外と制限ギリギリになったりします。特に電子書籍をダウンロードしたり、動画を試聴する方は要注意です。

 

電子書籍は1つ50MBくらいの容量を使いますし、動画はモバイル用に変換しているとはいえ、連続してみるとあっという間に数百MBを越えます。そう考えると3日で1GBがどれだけ厳しい制限かわかると思います。

 

1ヶ月で10GBは節約すればどうにかなるかもしれません。しかし問題は3日で1GBのほうです。例えば月初の1日目に100MB、2日目に200MB、3日目に900MBを使ったとしましょう。合計1.2GBなので上限を越えています。

 

4日目になって制限が解除されると思いきや違います。直近3日間なので4日目になった時点ですでに1.1GBです。だから解除されません。もしも4日目にまた200MBの通信をしたら5日目も制限されます。もう永久ループです。

 

このような厳しい制限はワイモバイルだけではありません。ソフトバンク、ドコモ、AUなどのキャリアでも同様の制限を実施しています。でもそもそもワイモバイルはキャリアよりも遥かに高速です。サクサクダウンロードするためにワイモバイルを申し込んだのにすぐに低速規制がかかってしまうため、後悔する人が続出しています。

 

比較してみると同じポケットWiFiなのにワイモバイルとWiMAXでは大違いだとよくわかります。制限なしではないものの、ワイモバイルと比較したら3倍も使えるWiMAXに申し込んだほうが良いに決まっていますよね。しかもWiMAXのほうが料金が安いのですから。

 

 

 

Yahoo WiFiの制限

2014年に登場し、少しずつ人気と知名度を上げているYahoo WiFi。ポケットWiFiだということはわかりますが、これは一体何なのでしょうか。WiMAX、ワイモバイルに続く、第3のポケットWiFiということでしょうか?

 

いいえ、そうではありません。Yahoo WiFiはワイモバイルです。ワイモバイルの回線を使っているだけです。プロバイダがYahooだと考えるのが一番簡単です。

 

だから速度とエリアはワイモバイルと一緒です。しかし料金が若干異なります。Yahoo WiFiはYahooプレミアム会員のためのサービスです。Yahooプレミアム会員になって申し込むと月額料金が2743円になるため、とても安いのです。

 

ただし、Yahooプレミアム会員は有料です。だから毎月別途380円取られます。それを込みでも確かに安いとは思います。でも忘れて欲しくないのが、「安いのは最初の2年間だけ」という点です。3年目からはしっかり3696円の月額料金になります。

 

では制限はどうでしょうか。Yahoo WiFiはワイモバイルと速度とエリアが一緒です。察しのいい方ならもうおわかりですよね?そうです、Yahoo WiFiもワイモバイルと同じ規制があります。

 

決して制限なしでは使えません。1ヶ月に7GBを越えた時点で128Kbpsの帯域制限がかかります。通常75Mbpsですから、比較にならないほど低速です。そして解除するためには2GBごとに2500円もかかります。

 

つまり制限なしのポケットWiFiを探している方に、Yahoo WiFiはおすすめできません。7GBなんてあっという間に使い尽くしてしまうのですから。

 

 

ソフトバンクの制限

ポケットWiFiの使い方には大きく分けて2種類があります。1つはパソコンに接続する使い方です。自宅のデスクトップに接続したり、外出先でノートパソコンをインターネットに繋いだりするためにポケットWiFiを利用しています。

 

もう1つはスマートフォンです。iPhoneやAndroidは通常キャリアの回線に接続しています。しかし速度が遅くて使いにくいため、高速なポケットWiFiで接続する方が近年急増しています。

 

スマートフォンはとても便利です。毎日あちこちで使います。デザリングでノートパソコンに繋ぐこともできます。ではキャリアには制限がないのでしょうか。制限があったらスマートフォンがさらに低速になってしまいます。

 

実はしっかり制限があります。普通に使っているだけで警告の通知が毎月届くレベルです。代表的なソフトバンクを制限について調べてみたのでご紹介します。

 

まず、1ヶ月で7GBの制限があります。6GBを越えた時点でSMSに警告の通知が届きます。「6GB越えたから、あと1GBで規制をかけるよ」という内容です。制限対象になったら128Kbpsになります。この辺りはワイモバイルなどと一緒ですね。

 

3日で1GBという制限もあります。こちらは通知が届かないので気付きにくいようです。解除するためには1GBで1000円、2GBで2500円かかります。速度を戻すためだけにこんな大金を払うのは馬鹿げています。

 

こんな厳しい規制でスマートフォンを自由に使えるわけがありません。だから多くの人が制限なしのポケットWiFiに申し込んでいるのですね。WiMAXなら無制限だからいつでも好きなだけネットに接続できます。

 

 

ポケットWiFiの制限を確認する方法

「なんだか妙に回線が遅いなぁ」と思ったら制限にかかっていることを疑いましょう。普段、自分がどれくらい通信しているか、なんて意識しないものですよね。だから低速になったら通信量を確認することが大切です。

 

キャリアの回線でもポケットWiFiでも制限にかかっているかどうかを確認する方法があります。ほぼ共通していると言ってもよいでしょう。その方法とは自分のアカウントページです。

 

例えば、ワイモバイルならMyワイモバイルという会員専用ページがあります。そこにログインすると通信使用量をチェックできます。もしもそこで11GB使っていることがわかれば、自分が制限の対象になっていると確認できます。

 

ただ、ポケットWiFiの種類によって通信量の表記が異なります。1日ごとの通信量を細かく表示してくれるところは嬉しいですよね。でも1ヶ月分をまとめて表示するポケットWiFiもあります。

 

1ヶ月の制限に引っかかっていることがわかっても、3日の制限になっているかがわからないため困ります。その場合は、電話で確認したほうが確実です。いずれにしてもまずは会員専用ページをチェックしてみてください。

 

 

ポケットWiFiの制限を解除する方法

ポケットWiFiの会員専用ページにアクセスして、自分が制限にかかっていることがわかったらどうしますか?翌月まであと数日なら我慢すればいいでしょう。でも残り10日間以上も残っていたり、3日間で1GBの規制に引っかかっていたら、相当な時間待たなければなりません。

 

しかし解除する方法があります。解除を申請すれば即座に速度が元に戻ります。ただし有料です。お金を払わなければ解除できません。しかもお金を払っても無制限になるわけではありません。非常に限定的なのです。

 

例えばワイモバイル(ワイモバイル)の場合は、端末から解除できます。最新端末なら制限の通知も端末に表示されます。「通常速度に戻す申し込みを行いますか?」というメッセージが表示されるので、OKを押せば解除できます。

 

この時点でお金がかかります。2GBで2500円です。2500円払っても2GBの通信量しか確保できません。3日間で1GB使うなら、わずか6日間しか持たない計算です。1ヶ月だと12500円も必要です。

 

はっきり言ってしまうと有料での解除などバカバカしいとしか思えません。月額料金とあわせると1ヶ月に15000円ものお金が必要になるわけですから。だから解除する方法があったとしても使わないほうが経済的です。

 

無制限で使おうとしたら15000円もかかるポケットWiFiと、ワイモバイルの3倍も制限が緩いなWiMAXのどちらが良いと思いますか?WiMAXなら毎月3600円程度です。ワイモバイルを選ぶ理由がひとつもありませんよね。

 

 

 

ポケットWiFiは動画を何回視聴すると制限になるのか

WiMAX以外のポケットWiFiには月間データ量に規制があることがわかりました。では具体的にどんなことをしたら制限に達してしまうのかを確認しましょう。共通している「3日間で1GB」の制限を対象に計算していきます。

 

ニコニコ動画やYoutubeで40MBの動画を視聴した場合、25回で1GBになります。たったの25回です!3日どころか1日で制限に引っかかりそうです。もしも100MBの動画なら10回です。もう動画なんて視聴しないほうが良いのかもしれません。

 

もしもあなたがスマホでニコニコ動画やYoutubeを利用しているなら、もう少しマシなはずです。スマホ用に動画のサイズを小さくして配信しているからです。それでも50回くらいが限度だと思います。

 

ノートパソコンで視聴したら、高画質な動画はほぼ確実に100MBくらいあります。ノートパソコンで10回再生したら終わりです。こうやって計算してみると絶望感が漂ってきますね。ポケットWiFiの制限がどれだけ厳しいかリアルにわかってきます。

 

余談ですが、電子書籍での計算もご紹介しておきます。電子書籍の場合、コミック1冊で約40MBです。つまり3日で25冊購入すると制限がかかります。長編マンガのまとめ買いをしたら一発退場です。小説やライトノベルは2MB以内に収まります。2MBならそこまで影響はなさそうですね。

 

調べれば調べるほどWiMAXの偉大さがよくわかります。少なくとも日常的にポケットWiFiを使う人はWiMAXを選んでください。他の制限ありポケットWiFiを選んだら絶対に後悔しますよ。

 

 

WiMAX2+は制限なしなのか?

「よし!制限なしのWiMAXに申し込もう!」ちょっと待って下さい。WiMAXとWiMAX2+の2種類あることを御存知ですか?WiMAXとWiMAX2+とでは、速度・料金・エリア・キャッシュバック金額などすべてが異なります。そして制限の条件も違うのです。

 

「WiMAX2+」はWiMAXとWiMAX2+の両方を使えます。WiMAX2+は2200Mbpsの高速回線ですが、まだエリアが限定的です。東京、神奈川、名古屋、大阪など一部の地域でしか使えません。だから全国対応しているWiMAXも使えるようになっています。

 

そして肝心の制限ですが、WiMAX2+は月間制限なしになっています。でも直近3日間で3GBという制限があります。これはもう事実上月間制限があるようなものです。しかしWiMAXは速度制限なしです。最近はWiMAX2+よりもWiMAXのほうが快適に通信できています。

 

GMOとくとくBBのWiMAXプランとWiMAX2+プランを比較してみましょう。

 

プラン GMO WiMAX GMO WiMAX2+
月額料金 3591円 3609円
初期費用 0円 0円
端末費用 0円 0円
選べる端末 1種類 3種類
キャッシュバック 33000円 33000円

 

料金はWiMAXのほうが安いですね。ただ、残念ながらWiMAXプランはどのプロバイダでもすでに終了してしまいました。だから今はWiMAX2+プランに注目してください。実はWiMAX2+のほうがWiMAXよりもずっと優れているんです。

 

WiMAX2+はWiMAXも使える!

WiMAX2+はWiMAXとWiMAX2+の両方の回線が使えます。だから制限なしのWiMAXと超高速のWiMAX2+の両方を自由に切り替えられます。というよりも端末が勝手に切り替えてくれますけどね。使っていて特に意識することはありません。

 

ちなみにWiMAX2+は現在なんと220Mbpsです。ベストエフォートはフレッツ光よりも高速です!去年まで110Mbpsだったのにいきなり速度2倍ですよ!もう自宅の回線なんていらなくなりますね。

 

制限なしは月間限定

WiMAXはいつまでも制限なしです。しかしWiMAX2+は直近3日間の制限があります。ギガ放題なんて名前が付いていますが実際には規制がかかってしまうのです。ただ、WiMAX2+に規制がかかっても、制限なしのWiMAXが使えるのは嬉しいです。

 

LTEオプションには加入しない方がいい

WiMAX2+にはLTEオプションがあります。毎月1005円支払うとLTE通信が利用できます。LTEは広くて高速なのが魅力ですが、実は致命的な欠点があります。それが制限なのです。

 

もしもLTEで通信していて月間7GBを越えたら、WiMAX2+にも制限がかかってしまうのです。気付かずLTE通信してしまうことがあるかもしれません。だからLTEオプションは利用しないことをおすすめします。

 

 

 

月間データ量無制限のWiMAXプロバイダを比較

では最後にWiMAXプロバイダを比較してみましょう。月間データ量の制限がないことや速度・エリアは一緒ですが、プロバイダによって料金が異なります。一番お得なのはどのWiMAXプロバイダなのか調べてみました。

 

プロバイダ GMO WiMAX2+ BIGLOBE UQ WiMAX nifty
月額料金 3609円 3695円 3696円 4170円
初期費用 無料 3240円 3240円 3240円
端末料金 無料 無料 1円〜 1円
キャッシュバック 33000円 20000円 商品券3000円 28000円

 

やはりGMOとくとくBBが最強ですね。月額料金、初期費用、端末、キャッシュバックなどすべてにおいてNo.1です。他のプロバイダを選ぶ理由がありません。一番お得なGMOとくとくBBを選びましょう。

 

でも高額キャッシュバックは今月末までです。来月になるとキャッシュバックが大幅に減額するかもしれません。実際、過去に半額以下になったことがありました。だから申し込むなら今月中にしましょう。